高脂血症とは

高脂血症を知ろう

高脂血症

あまり聞きなれない病名ですが「高脂血症」という病気があります。血液の脂が多いという病気なのですが、これはどのような病気なのでしょうか?簡単に言うと体の血液中の脂質が通常よりも、多すぎているということです。具体的に説明しますと、血液中にコレステロール、中性脂肪が、通常よりも多くあり過ぎる病気のことを言います。

 

血液中にはいろいろな物が存在しています。脂質としては4種類が存在していて「コレステロール」に「中性脂肪」、そして「遊離脂肪」と「酸リン」です。これらの脂質が血液中に溶け込んで存在しています。血液中の脂肪が異常なほど増加したとしても、特に具合が悪くなるわけではなく、本人に自覚症状はほとんどありません。ですから、自分ではまったく気づかないことになります。健康診断、検診で「高脂血症」と診断されたとしても、太りすぎか、油分の摂取しすぎか、くらいにしか思わないでしょう。

 

特に症状も出ないのですから、急いで病院に行く人も少ないと思います。ほとんどの人はそのまま、何もせず放置してしまうでしょう。ではそのまま放置したらどうなってしまうのでしょうか?それはとても危険なことに繋がっていきます。血液中に増加した脂質が血管の中に蓄積されます。これによって動脈硬化を引き起こします。ですが、動脈硬化まで進んだとしても、自覚症状がまだ現れないため、本人はまったく気が付きません。自覚症状がないまま進んでいく病気はとても怖いものです。


高脂血症を知ろう

高脂血症は脂質が血管の中に蓄積された状態です。そして、やがて動脈硬化を引き起こす原因になります。自覚症状が現れないため、本人は気が付つくことなく、症状は悪化して行きます。その結果、最悪の事態が起こります。それは心筋梗塞、脳梗塞です。こうした発作を起ったことにより、ようやく高脂血症の怖さがわかるのです。先ほど、血液中には4種類の脂質があるとお話しましたが、多くあり過ぎると危険だと思われるものは2つです。それはコレステロールと中性脂肪と言われています。

 

そもそも高脂血症には、3タイプがあります。まず「高コレステロール血症」と呼ばれる血液中にコレステロールだけが多いタイプです。そして「高中性脂肪血症」と呼ばれる、中性脂肪だけが多いタイプ、また、両方が多いタイプは「高コレステロール高中性脂肪血症」と呼ばれています。 これらは聞きなれない言葉だと思いますが、「悪玉コレステロール」は聞いたことがある方も多いでしょう。体の血液中に悪玉コレステロールが多く存在すると、動脈の壁側に悪玉コレステロールがへばりついて動脈の壁が厚くなり硬くなってしまいます。
そして動脈硬化を引き起こすわけです。

 

中性脂肪は、直接的に動脈硬化の原因にはならないのですが、中性脂肪が多いと、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加しやすくなります。そのまま放置するとやがて動脈硬化の原因になることもあります。中性脂肪の多い人は、すぐには自覚症状がないので、放置しがちですが、危険因子を沢山持っていると言っても過言ではありません。早めに自覚し、治療なり改善なり開始するべきなのです。

高脂血症と体脂肪

高脂血症

高脂血症になる原因と言われているコレステロールと中性脂肪、これらは人間の体にとって悪いものなのでしょうか?それは違います。コレステロールや中性脂肪は、多く体に存在すると様々な病気の要因になります。ですが、コレステロールと中性脂肪は体に不必要なものではなく、大切なものなのです。血液中に含まれる成分は、どれも体にとっては大切なものですから、脂質ももちろん、大切な栄養です。また、意外と知られていないことですが、脂質やコレステロールは細胞膜を作るための、大切な成分なのです。そしてホルモン、または胆汁酸などにも関係している栄養分です。

 

では、内臓脂肪が多いと思われる、ぽっこりしたおなかの場合、これらは高脂血症になってしまう悪い要素なのでしょうか?まず、おなかのまわりの気になる脂肪は、ほとんどが内臓脂肪です。体脂肪とは、詳しく言いますと、脂肪細胞が集合したもので、脂肪細胞にはさらに中性脂肪が貯蓄されています。これは非常の際のエネルギーを貯めているということです。

 

脂肪細胞は、内臓の周囲にもつくことがあります。体脂肪率を簡単に計測できる機械がご家庭でも普及しているなか、ダイエットの目の敵になりがちな体脂肪ですが、実はこれは極端に少なくても困るのです。ですから少なくても困りますが、ぽっこり出たおなかは内臓脂肪が多いと思われますので、様々な病気の危険因子となる場合があります。

 

人間は寒さ暑さから体を守るため、体脂肪を使います。内臓はある程度、脂肪で守られていなければなりません。ダイエットのしすぎで体脂肪を大幅に減らすと、ホルモンのバランスも崩れ女性は生理が止まってしまうこともあるくらいです。 メタボ=高脂血症というのは早すぎる結論ですが、あまりにおなか周りの脂肪がありすぎても、様々な病気を引き起こしますし、少なすぎても問題です。それぞれの体にあった理想の体脂肪率もありますので参考になさると良いと思います。